CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
メールフォーム
Twitter
Search this site


毎日をできるだけ楽しく。明日を希望のあるものに。
<< 2012年05月30日のつぶやき | TOP | 2012年05月31日のつぶやき >>
あと一曲が決められない(>_<)

7月にある、ALFEEのサマーイベント(って言うより、やっぱ『夏イベ』がしっくり来ますねぇ)。
リクエスト三曲まで受け付けるのだけど、そのうち二曲は募集開始以前に速攻で決められた。

『あなたがそばにいれば』 
『ロールオーバー・イエスタデイ』

の二曲。

『あなたがそばにいれば』は、1988年夏イベの最後に聴いたっきりライブでは聴けてない一曲。
歌い出しの♪青春の〜 の、「せ」だけで涙腺崩壊してもおかしくないくらい私は好きな曲で、
ちょっと弱ってるときとか、昔をなんだか懐かしんでたりしたときなどにうっかり耳にしちゃうと
もうウルウルきちゃうんですよね(T_T) ま、それくらい好きな曲。
ネットでは『あなそば』聴きたいという書き込みも多く見られるし
(↑私が好きすぎて曲名に敏感になっているせいで、勝手に多いって思い込んでるのかも。(苦笑))

『ロールオーバー・イエスタデイ』は、ライブでものすごい聴きたい、ノリたい曲!
毎回毎回やって欲しいくらい。でもなかなか聴けないんですよね(>_<)
2008年秋ツアーで久しぶりに聴けてノレて、それ以来また聴けてないし。
(ちなみに秋ツアーで私がこの曲聴けてどれだけ嬉しかったか、ってのが
 過去ブログのライブレポでわかると思いますのでお時間あるかたはどうぞ)

で、残り一曲。色々思い浮かべるんだけどなかなか決められなくて…。

好きな曲で、かつライブで聴きたい曲。うーむ。
一番好きな曲は『AFFECTION』だけど、結構ライブで聴いているし(^_^;)
ライブの超定番をリクエストしてもなー、とか。
(あ、でも今回春ツアーで超定番だと思ってたあの曲は演奏してないなー)

あまりにも決められないので、決めた二曲を見ながらハッと気づいたこと。
『あなそば』は、高見沢さんボーカル。
『ロールオーバー』は、幸ちゃんボーカル。
じゃ、桜井さんボーカルから好きな曲で、且つ、ライブで聴きたい曲を選べばいいんだ!
よし、決めちゃるぞーーーーー!!!!!




…という縛りを自分に課してから二週間ほど経ったんですが…
まだ決められません(涙)
それでもずいぶん絞れてはきているんですよ。
候補を挙げてみますね。

『LIBERTY BELL』
『RUNNING WILD』
『BLUE AGE REVOLUTION』
『白い夏バレンシア』
『真夜中のロマンス』
『裏切りへの前奏曲』
『Pride』

などなど。うー、ここら辺から選ぼうと思ってるんですが絞れない。
締め切りまであと三週間ちょいありますよね、もう少し悩むことにしますー。

(追伸)
『あなたがそばにいれば』なんですけどね。←しつこい
あんまり好き過ぎて、期待しすぎて夏イベ当日本当に演奏してくれたら困ってしまう(>_<)などと
アホなこと考えております。←考えすぎ

posted by まあち | 15:14 | music | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 15:14 | - | - | - |
コメント
じゅえるさん

お返事遅くなりすみませんm(_ _)m
そして、残り一曲まだ決められません(T_T)
この間の大宮で高見沢さんが「B面にいい曲が」と言っていたので、上の候補曲からB面というかカップリングを選んでみようかなー、なんて思ってます(*^^*)

じゅえるさんは決まりました?
かなけんあたりで決められてたら教えてくださいねー(o^^o)

2012/06/09 23:04 by まあち
先日はなぐさめていただきありがとうございました〜^^;

実は私もまだ悩んでいて決まっていません・・
先日のNHKで「みんな悩みすぎなんだよ〜」と高見沢さんが言ってたので、リクエストがまだあまり集まっていないんでしょうね。
こんなに曲があるんだもの、悩みますよねぇ・・

まだまだ日にちがあると思っていたけど6月に入っちゃったし
私もそろそろ決めないと。
2012/06/02 18:17 by じゅえる
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://marchdays.jugem.jp/trackback/818
トラックバック